一度見たら忘れられない天使のような笑顔で、幅広い世代の女性をキュンキュンさせている福士さん。かわいいだけではなくどこからか漂うクリーンな色気が思わずずっと見てしまう彼の魅力——♥今回は『曇天に笑う』に出演した際の福士さんの生の言葉をお届けします。

 

 

すべて スタイリスト私物

 

 

 

PROFILE

 

名前:Sota Fukushi/福士 蒼汰

生年月日:1993年5月30日

出身:東京都

身長:183cm

出演作品(一部):ドラマ『愛してたって、秘密はある。』、『モンタージュ 三億円事件奇譚』、『お迎えデス。』、『図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ』、『恋仲』、『きょうは会社休みます。』映画『旅猫リポート』、『BLEACH』

今後の出演予定:2019年6月21日公開予定『ザ・ファブル』

 

 

 

 

 

スペシャルインタビュー  by Sota Fukushi

 

 

■オフの日の過ごし方を教えてください!

 

プライベートはだらだらするのが好きなので、基本的に家でのんびりしていることが多いです。ひとりカラオケも実は好きで!よく行きます。あとは家族と出かけたり友人とご飯を食べに行ったりしています。本当にごくごく普通です! ただ人ごみが苦手なのであまり外には出ないかもしれません……街を歩いて散歩、というのもないです……買い物も全然しないので。

 

 

 

■主演映画『曇天に笑う』では男らしいワイルドさで

また違った福士さんの姿が見られたなという印象が強かったです!

オファーが来た時の感想は?

 

ありがとうございます。今回演じさせてもらった曇天下(くもうてんか)というキャラクターは三人兄弟の長男です。だからお話をいただいた時から自分自身とはかなりかけ離れているという印象はありました。2人の姉がいる末っ子として生きてきたから「誰かのお兄ちゃんになるってどういう感覚なんだろう?」と不安でもあり、逆に体験できる!という待ち遠しさもあって。あとはアクションシーンが多いことが嬉しかったです。今回は鉄扇という武器を使ってのアクションだったのですが、要は扇子なので相手との距離が本当に近く、間の取り方が難しかったです。ただ、今まで自分が習っていた「カリ」という武術があるんですが、その技を活かすことができたのは嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

■苦労したことは?

 

下駄です! もう足元が常に大変で……(笑) 歩くのは大丈夫なんですが走るのがとにかく難しくて。試行錯誤しました。でも下駄のおかげで身長がさらに大きくなって現場ではずっと「190cm以上の大男」でした! 普段と視線の高さが違うので面白かったです(笑)

 

 

 

■監督からのアドバイスなど何かありました?

 

兄弟の「父親」としても生きていくということです。天火はあくまで3人兄弟の長男という立場だけど、両親がいない曇家にとっての「父親代わり」にならなくてはいけなかったんです。桐山連さんが演じた白子が母親代わりだとしたら、天火が父親という想定で、家族感をしっかり出して欲しいと言われました。私生活の自分は誰といても父親的な立ち位置にはならないと思います……どちらかというと皆について行くタイプなので。

 

 

 

■中山優馬さん(次男役の空丸を熱演)の情報によると

現場ではまさに「お兄さん」のようだったと聞きましたが…!

 

そう言ってもらえると安心します(笑) 優馬は同い年なので、兄弟を演じるにあたって、どこかお互いやりにくさを感じてしまうんじゃないかと現場に入る前は思っていました。でも優馬のおかげで本当の兄弟のような関係を築けたと思います。兄を心から慕うお芝居をしてくれたし、カメラが回っていない時でも「福士くん!」といろいろ声をかけてくれて、やりにくさが一切なかったです! だからこそいい雰囲気で兄弟像をつくりあげていけたような気がしますね。耀人(三男役の若山耀人さん)はまだ中学生で、自分のことを本当のお兄ちゃんのように見てくれていたし、可愛くて仕方なかったです(笑)

 

 

 

 

 

 

■参考にされたお兄さん像、父親像はありました?

 

特に参考にした人はおらず完全にイメージでした。多分、妹や弟ができたらこういう風にするだろうなと。父親像でいうと自分の父です。多くは語らないが、知りたいと思っていることや、何かに迷っている時は必ず必要な言葉をくれるような人です。絶対的な信頼感と安心感がある人。家族とはいろいろなところに旅行しています。昨年は初めてバリ島に行きました! 実はあまりリゾート地に行ったことがなかったんですが、ものすごく楽しかったです! 寝てご飯食べてプールに入って、また寝て食べて海に入って寝て……という幸せの連鎖(笑) この時はすごく長い時間寝ました。最近は年に1回は皆で行くようにしているくらい、すごく仲がいいです。

 

 

 

■「どんな時でも笑う」ことが天火のポリシーだとしたら

福士さんのポリシーは何かありますか?

 

あります! とにかく几帳面です。だから簡単なことでいうとリモコンの向きを揃えたり(笑) 周囲の人に話したら「変だよ!」と瞬時に突っ込まれたのは、ペットボトルのラベルの向きを絶対に自分の方に向けることです。もしくは誰かと一緒にいる時はラベルを相手のほうに向けます!……これ変ですか? もちろんベーシックでないことは自分自身も理解しているつもりですが(笑) ついクセでやってしまうんです。仕事に関して言うとどの作品においても「挑戦していくこと」です。今自分が持っているものだけではなくて、できない部分や弱点を常に探すように意識しています。その作業をしないと自分がすごくつまらない人間になってしまう気がするので。確かに弱点を見つけるというのは少し怖いことでもありますが、克服することで逆に強みになっていくので、自分をどんどん高めていける作業だと思っています。改善が次回作の演技に繋がることもあるので、これは譲れないポリシーです。

 

 

 

 

 

 

■作品の見所を教えてください!

 

兄弟愛のほかに「仲間」というキーワードが強いかなと思います。全体を通して「愛の物語」となっていることと、人に裏切られるとか裏切るとか、信じ抜くとか。そういう人間的な部分も魅力的に表現されているので、映画を通して感じてもらえたら嬉しいです。あとはかっこいい男性たちが本当にたくさん出演しているので(笑) 女性の方は必見だと思いますし男性にとっても胸が熱くなるような映画。エンターテインメント性が強いからこそ、誰が見ても刺さるものがあると思える作品です。

 

 

 

 

Photography:Toshiyuki Maegawa Hair&Make up:Takahashi Koichi Nestation Styling:Yoshiaki Komatsu nomadica

#イケメン#hotguys#ホットガイズ#俳優#曇天に笑う#見所#かわいい#福士蒼汰#ザ・ファブル#BLEACH#旅猫リポート#きょうは会社休みます。#恋仲
リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

かわいい笑顔とクリーンな色気【福士蒼汰】