フェミニンオーラを存分に放つペールトーンと、どんなスタイリングにも促せるマルチなホワイトの2大スタイルが都会派レディたちの視線を独占中。より女性らしく春夏らしいスタイルが楽しめるペールカラーと、ワンランク上のお洒落魅せが叶うホワイト。今季はどっちで攻める?

 

 

 

PALE TONE

 

Elsa Hosk(エルサ・ホスク)

 

ブルーのワンピースにデニム地のバッグでカラーを統一させたエルサ。綺麗なブロンドでまるでバービー人形のようにキュート!

 

 

 

Devon Windsor(デヴォン・ウィンザー)

 

光沢感のあるサテンワンピとコートを同系色でまとめたデヴォンのフェミニンスタイルをご参考に。インナーや白ブーツ、小物などその他すべてを白にするのがコツ。

 

 

 

 

ピンクのショート丈トップスと細かいダメージ入りのデニムは、両方ペールトーンで合わせるのが◎。ブラックのシューズでコーデを締めるのを忘れずに。

 

 

 

Rosie Huntington-Whiteley(ロージー・ハンティントン・ホワイトリー)

 

ロマンティックに見えがちなピンクさえもストリート風に見せるロージーがニクい!カジュアルなオールインワンにボーホームード漂う黒ブーツまで、すべてが計算上手。

 

 

 

WHITE

 

Romee Strijd(ロミー・ストリド)

 

ロミーのヘルシーな小麦肌とオール白コーデがマッチ!かっちり見えするホワイトも、デニム×ダメージ加工でカジュアルダウンさせるのが今っぽい。

 

 

 

Kendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)

 

シアー素材のシャツやシルバーミュールでエッジを効かせたケンダル。

 

 

 

 

珍しいホワイトトレンチコートとベルトマークで格上げのシティハンサムスタイルを堪能。クリアバッグとメタリックパンプスといったトレンド尽くしの最旬コーデこそ、今季マネしたい!

 

 

 

 

ジャケットとパンツスタイルには、スニーカーを合わせて一気にストリートスタイルに。体の中心にくるベルトは思い切って派手柄を選んで。

 

 

 

 

Photography:AFLO

#Romee Strijd#Elsa Hosk#Devon Windsor#Rosie Huntington-Whiteley#Kendall Jenner#ファッション#ケンダル・ジェンナー#ペールトーン#ホワイト#コーデ#スナップ#エルサ・ホスク#デヴォン・ウィンザー#ロージー・ハンティントン・ホワイトリー#ロミー・ストリド
リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

流行のペールトーンとホワイト どっちを着る?