次々と話題のドラマなどに出演し、甘いルックスで女子たちをメロメロにさせている竹内涼真さんがGLITTERに初登場!今回は昨年の主演映画『センセイ君主』にちなんでSexyなスーツ姿の先生と、子犬のように可愛らしいニット姿の先生。ふたつの顔を贅沢にお届け!いろんな妄想を膨らませちゃってください…♥

 

スーツ¥80,000、シャツ¥24,000、ネクタイ¥12,000、シューズ¥60,000(すべてポール・スミス/ポール・スミス リミテッド)、ベルト スタイリスト私物

 

 

 

 

Profile

 

名前:Ryoma Takeuchi/竹内 涼真

生年月日:1993年4月26日

出身:東京都

所属:ホリプロ

身長:185cm

出演作品(一部):『仮面ライダードライブ』、『ひよっこ』、『過保護のカホコ』、『陸王』、『ブラックペアン』

2018年に公開された主演映画『センセイ君主』では難攻不落な先生役を熱演した。

 

 

 

 

“原作をそのまま再現するんじゃなくて

ひとりの人間としていちから役を作り上げたかった”

 

ニット¥19,800(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)パンツ¥32,000(ホワイトマウンテニアリング)

 

 

 

 

 

スペシャルインタビュー

 by Ryoma Takeuchi

 

 

 

―初のラブコメ主演映画、いかがでしたか?

 

撮影現場も1カ月と短かったけどすごく楽しかったですし、弘光先生を演じることも「楽しかった」という想いばかりです。原作のイメージも大事にしつつ、ただ原作ってすでに100%の状態だから、僕はそれに完璧になろうというアプローチとは少し違っていて。原作を尊敬しつつ、今の僕にしか演じられない“弘光先生”というひとりの男性を作り上げたかったんです。人気原作だけにいろいろな声もあると思いますが、僕が最大限に演じた完成系なので、楽しんでいただけたら嬉しいです。刺激をもらったという部分でいうと、今回は同世代も多かったので「このシーンはこう演じるんだ」とか新鮮に感じることがたくさんあって自分のなかの大きな収穫になりました。もちろんどの現場でもいろいろな刺激はあるんですが、浜辺美波ちゃんに対してはヒロインのあゆは役が強烈なキャラなだけに相当気合を入れて毎日撮影に挑んでいたと思います。あそこまで振り切るのはなかなかできることじゃないし、彼女の演技に刺激を受けて、僕の演じたキャラができ上がっていったと思いますね。

 

 

 

“教師役をやって気づいたことは「教卓からはすべてが丸見え」ということ(笑)先生って総じて優しい存在ですね”

 

 

 

 

―印象に残っているシーンは?

 

…やっぱりジャケットをバサッとクールに羽織るシーンではないでしょうか(笑)! 女性たちにキュンとしてもらえるかは僕にはわからないですけど……でも観ていて普通に笑えると思います。監督やスタッフさんと「これは絶対かっこいいはず」と思い込みながら作っているのでクスッと笑ってもらえたり、それこそときめいてもらえたら本望です!

 

 

“ジャケットをバサッと無造作に羽織る仕事はすごく新鮮でした「クールな男性」って感じがして”

 

 

 

 

―竹内さんが憧れる「女性教師像」って?

 

う~ん……なんでしょうね? なんかよくある「保健室の先生が美人」というシチュエーションとかって、そりゃあ綺麗だったらテンション上がるだろうなとは思っちゃいますけどね(笑)。そんな素敵な先生に「ノートしっかり取りなさい!」と言われたら「はい、取ります!」の即答返事しかできないです(笑)。僕は特に年上の方が好みということはないので、気持ちの問題かなと。その人と合うか合わないかだけの問題だと思うので、年齢は気にならないです!

 

 

 

―惹かれる女子ってどんな人ですか?

 

周囲がきちんと見えていて、気が使える人。例えば何か物が落ちそうになった時に「あっ!」と気づいて手を差し伸べてくれたりとか。そういう小さな気遣いが瞬時にできる人は魅力的だなと思います。周りを見れるって男女問わずに大切なことですよね。あとは僕、基本的にわかりやすい人が好きなんです。なるべく遠回りをしたくないし、駆け引きとかめんどくさい!というタイプだから、何を考えているかわからない人はそれだけで時間がかかってしまうので(苦笑)。やっぱり男性と女性って根本的に考えていることが全然違うと思うから、理解する努力はもちろんしますけど、それだけじゃわからないのが正直なところで……だからこそ言動で示してもらえると嬉しいですし、わかりやすいほうが男側も安心…だと僕は思います! わかりやすい人が好きな分、僕自身も絶対にわかりやすいので(笑)、好きになったら相手に伝わるようにアクションは起こすと思いますよ!

 

 

“僕のタイプは、わかりやすい人 何を考えているかわからないと恋愛に発展するまでにすごく時間がかかるから”

 

 

 

“周りが見えている人、気が使える人は女性としてはもちろん人として魅力的だなと思います”

 

 

 

 

―今後演じてみたい役は?

 

それに関してはいっぱいありまして!ヒーロー物もアクションもやりたいし…あとはその年々で今の自分に合う役、その時の自分じゃないとできない役というのがきっとあると思うんです。だから常にアンテナを張っていきたいと思っています。これは僕の勝手な妄想で、人見知りの映画というのをやったら面白いかなって。昔はあまり聞いたことなかったと思うんですけど、最近「人見知りなんです」という自己紹介が流行っている気がしません(笑)⁉だからこそいろんな人見知りの人を集めてそこで何かを成し遂げる映画をやってみたら面白いかもしれませんね。すごく喋る人こそ本当は人見知りかもしれないし「そう思い込んでいるだけなんだよ」と伝えるのがオチ…というのはどうでしょう(笑)⁉

 

 

 

―目指したいと思う男性像って?

 

「つらい」「忙しい」「眠い」「イライラする」とか、生きているといろいろな状況があると思うけど、そういう雰囲気を一切出さない“余裕のある男性”に憧れます。常に相手を意識して、もし気持ち的にすごく焦っていたとしても「自分が、自分が——」とならずに周囲が楽しくなるように行動したり、コミュニケーションが取れる人が理想ですね。ただそれってやっぱり自分自身に実力と自信がないとできないことだと思うので…そこを目指していきたいですね。ヒュー・ジャックマンばりの余裕の塊は見せていきたいです(笑)!

 

 

“常に心に余裕がある人は同姓から見てもかっこいいと思う 僕も余裕が垣間見える男になりたいです”

 

 

 

 

 

Photography:Masafumi Tanida(CaNN)  Styling:Takashi Tokunaga Hair&Make up:Tomokatsu Satoh

 

#ドラマ#イケメン#hotguys#ホットガイズ#インタビュー#俳優#好きな女性のタイプ#映画#竹内涼真#理想#センセイ君主#ブラックペアン#過保護のカホコ#かわいい
リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

理想ど真ん中男子♡【竹内涼真】