YG ENTERTAINMENT期待のボーイズグループ「WINNER」。現在WINNER JAPAN TOUR 2019も開催中で注目を集める彼らが、約10ヵ月ぶりとなるNEW MINI ALBUM “WE”をリリース!彼らの熱意や仲の良さが伝わる記者会見の様子をレポート♡

 

 

 

 

 

 

PROFILE

 

 

YOON/ユン(ボーカル/リーダー)

 

 

生年月日:1994年1月21日生まれ (25歳)
血液型:B型
趣味・特技:ビリヤード、作詞、作曲
オーディション番組『SUPER STAR K2』出身。 2013年7月にはYG ENTERTAINMENTより、ソロアーティストとしてデビュー。類い稀なビジュアルと圧倒的な歌唱力、 抜群な作曲センスを持つグループの要。

 

 

HOONY/フニー(ラップ)

 

 

生年月日:1992年1月11日生まれ (27歳)
血液型:A型
趣味・特技:ダンス、作詞
オーディション番組『K-POP STAR』出身。 ダンスのコリオグラフを行うなどYOONと共に、 グループの肝となるメンバー。キレのあるラップとダンスWINNERパフォーマンスの見所の一つである。

 

 

MINO/ミノ(ラップ)

 

 

生年月日:1993年3月30日生まれ (26歳)
血液型:A型
趣味・特技:ビートボックス、作詞、作曲、絵、バスケットボール
韓国のアンダーグラウンド HIP HOPシーンで 活動していた 経歴があり彼のラップはグループの楽曲のスパイスとなっている。 特技のビートボックスを生かしたパフォーマンスなど彼の存在によりWINNERの楽曲の振り幅は広がり続ける。

 

 

JINU/ジヌ(ボーカル)

 

 

生年月日:1991年9月26日生まれ (28歳)
血液型:A型
趣味・特技:演技、水泳
グループ最年長メンバー。その美麗なビジュアルと、荒削りながらも彼のボーカルはグループに必要不可欠な要素である。音楽に対する貪欲な姿勢が非常に強く彼の上昇志向の強さは今後のグループの成長に大きな変化をもたらすだろう。

 

 

 

 

REPORT

 

Q1. 初のアリーナツアー「WINNER JAPAN TOUR 2019」の前半戦を終えてみていかがですか?また、7月28日の幕張メッセの講演ではMINOさんが涙を流される場面もありました。とても感動的な、本気が伝わるライブとなりました。そこに関してもお聞かせ頂きたいと思います。

 

YOON:恥ずかしい〜!(笑)。まず、2016年のKCONでの幕張メッセ。「こんなに大きいステージで僕たちだけのライブがしたい!」その言葉を言いました。この同じステージでライブができて、最初の時から感動もあって全体的に興奮しすぎたライブじゃないかなと思います。それでMINOくんが涙を見せちゃったね?(笑)

 

MINO:はい、そうですね。僕は・・・泣きました(笑)。久しぶりのファンの皆さんの前で大きいステージで、一緒に久しぶりのいい思い出がたくさんある曲、ライブで、泣いちゃいました。そしてDVD収録だから・・・演技じゃないですけど!(笑)

 

 

 

Q2. 2時間30分4人がステージに立ち続けるなど、初めて尽くしの非常に挑戦的なライブだったと思います。特にみなさんがこだわった部分、準備するにあたって大変だったことはありましたか?

 

HOONY:この前のツアーから、次はバンドさん達と一緒にステージをしたいと思っていて、今回はバンドさんたちとリハ―サルやいろんな練習をして1番重要なポイントだと思っています。バンドさん達と一緒にすることが。バンドさんとアレンジした曲もあるし、おもしろいポイントもあるので、是非注目してください。

 

YOON:今まではずっとソロステージとか、ユニットステージがあったんですけど、このツアーでは絶対4人のステージにして全曲を歌いたいという気持ちで、パフォーマンスもそうですし、音楽に集中したツアーじゃないかなと思っています。バンドもありますし。今までの僕らのライブのなかで1番音楽的にもパフォーマンス的にも僕たちが見せられる1番のテンションをお見せしたかったんです。パフォーマンスもアレンジしたところも、頑張って練習してつくったツアーなので、ここに注目してよろしくお願いします。

 

 

 

Q3. 今回のツアーを通して感じたメンバーの成長、新たに発見したメンバーの魅力はありますか?

 

YOON:僕が思うに、パフォーマンスの部分なんですけど、特にいろいろと時間をかけて今回準備しました。前はポイント的な部分だったり、全体の画、ステージでのファンの方たちとのやり取りだったり、お話だったり、そういう部分に焦点を合わせてきたんですけど、今は細かいところ、照明だったり、導線だったり、音楽によるソースだったり、MCだったり、そういった部分に気をつけて準備してきました。心構えがとても成長したと思います。

 

MINO:そして今回のツアーが今までで1番パフォーマンスが多いんです。本当に死にそうでした(笑)。でも、ファンの皆さんのために心から成長したなと思います。メンバーの新しい発見というよりかは、体力的にはもちろんきついんですけど、見せたいという思いがあったので体力のことよりも見せるというところに重点をおきました。

 

 

 

Q4. ツアーFINALに向けて、ここだけは見逃さないでほしい注目ポイント、意気込みを教えてください

 

HOONY:毎回毎回最後だと思って一生懸命頑張っています。だから毎回ファンの皆さんに感謝の気持ちがあるんです。それとバンドさんたちと一緒にステージをしているので全然予想できなかったこととか、MCのなかでもいろんな面白いことがたくさんあって僕達“WINNER”が見どころだと思います。

 

YOON:やっぱりバンドの皆さんと一緒にすることで、今までもともとヴォーカル曲では全然感じなかったポイントがあります。もっとパートをアレンジしたりして、そんなポイントがあるので、それがおもしろいところだと思っています。

 

JINU:同じです。

 

MINO:1番重要なポイントは、会場の皆さんと一緒につくっていくということ。

 

 

 

Q5. 約10ヶ月ぶりとなるNEW MINI ALBUM『WE』が8月7日に発売になりますが、コンセプトとなるアルバムタイトル、サブタイトル『We or never』に込めた想いを教えてください。

 

YOON:ここまでこられたのは、僕達だったから可能だった。WEもそうですし、We or neverもそうですし、僕達だったから可能だった、そんな意味を込めてつくりました。そして音楽を聴いてくれるファンの皆さんがいなければ不可能なことでした。ファンの方やスタッフ、皆さんを含めた僕達の中にある、そういった想いを込めてつくりました。

 

 

 

Q6. LINE MUSIC “ソングTOP100”ウィークリーチャートで初の1位獲得をした『AH YEAH』をはじめ、アルバム全体の聞き所、伝えたいメッセージなどがあれば教えてください。

 

YOON:今まで僕達が見せなかったことを見せることに集中したアルバムだと思います。もちろんタイトルは夏っぽいんですけど、収録曲ではいろんなスタイル、ジャンルがたくさんある。それがポイントだと思います。全部違う色でつくったアルバムだから。そして今までにはなかったスタイルなので、それが1番僕たちが集中したポイントだと思います。そしてやっぱりウィークリーチャート1位は今まで僕達が本当に努力したことに対して恩返しのようなものをもらった瞬間だと思って、そしてその結果をもらってすぐ僕たちライブがありました。それで感謝の気持ちをすぐ皆さんに伝えることができて、それも本当に感動的な瞬間だったと思います。

 

 

 

Q7. みなさんがこのアルバムのなかでお気に入りの楽曲を1曲挙げるとしたら?

 

MINO:僕は『ZOO』という曲です。僕がつくった曲なんですけど、ステージの上で僕達もほんとに楽しいです。パフォーマンスがおもしろいので、すごくポイントです。

歌詞についても、おもしろい表現がたくさんあるんです。恋について、愛についての共感を得られる歌詞になっています。そこに対しておもしろい比喩の表現を使ったり、男性の寂しさや片思いについて、そういうものを込めて作りました。

 

HOONY:僕は『MOLA』。僕達は今まで、いつも明るい感じで、恋とか青春とかを歌いましたけど、この曲は今まで皆さんが見なかった姿を見せられます。だから、おすすめです。

 

JINU:僕は『BOOM』。振り付けが難しいです。ライブする時ちょっと無理かなというくらい・・・(笑)。この曲が特にそうです。

 

YOON:僕は全部がいいと思います。タイトル曲は、WINNERというグループを考えたらやっぱり明るい夏っぽいそんな雰囲気で、『AH YEAH』も明るい曲なんですけど寂しい歌詞があったり、そういうところがポイントかと思います。そしてやっぱり『ZOO』。パフォーマンスがポイントなんです。本当におもしろくて、僕達もステージの上で楽しむことができる曲です。そして僕達は今までダークな感じの曲はあんまりなかったんですけど、ダーク、そしてセクシーなステージができると思って、ファンのみなさんには今まで見られなかったヴォーカルの姿をお見せできる曲だと思います。そして『BOOM』はやっぱり振り付けが本当に難しいんです。ステージの上で踊っていてもタイトル通り、心を全部BOOM!する曲だと思います。なので、全部がいいと思います!

 

 

 

Q8.『AH YEAH』と『MILLIONS』のMVについて、教えていただきたいと思います。

 

HOONY:今まではディレクターさんの意見とかアイディアがたくさんありましたけど、この曲は僕達1人ずつの歌詞の内容をもとに、僕達のアイディアが1番入っていると思います。

あとは映画館の撮影をするとき元々YOONくんのパートなんですけど、僕達がちょっと目立ちたくて、いろんな変なシチュエーションがたくさんあります。

 

YOON:たしかに僕のパートなんですけど、僕は全然見えないです!(笑)

 

HOONY:そんなアイディアを急遽監督と相談しながら、取り入れていきました。

 

MINO:1番おもしろいポイントは、JINUさんのVR。是非そこを注目して見てみてください。僕が1番好きなところです。

 

JINU:そうだと思います。

 

 

 

Q9. アルバムリリースを記念してハイタッチイベントの開催が決定されましたが、ファンの方たちとのコミュニケーションにおいて、心がけていることはありますか?

 

JINU:僕が思うに、コンサートツアーを今までやってきたのですが、以前と比べてコミュニケーションが真実、ということがどんどん伝わってきています。僕達がっていうよりも僕達と一緒に、ファンの方々と一緒にするというそんな想いを感じています。なので、ファンの皆さんにもっと良くしてあげたいという気持ちになりました。

 

MINO:僕達がだんだん余裕もできてきて、ファンの方々との関係も深くなってきて、そしてステージの上でファンの方達の声を聞く時、僕達が歌う時に感動を与えてくれます。僕が涙を流したのも、そういったことからです。

 

 

 

Q10. 皆さんの、仲の良さの秘訣を教えてください。

 

MINO:秘訣は、1週間に1回喧嘩をすること。冗談です(笑)。

 

YOON感謝の気持ち。やっぱり僕達今6年くらい、いろんなことがたくさんありましたが、この思い出に1人ずつ、メンバー達にありがたい心があるから、これが1番の秘訣だと思います。

 

HOONY:僕は、僕以外のメンバー達が自慢です。みんな1人ずつ実力があるから、いつでも僕達のステージ以外でもどこでも自信があります。だから目だけ見ても今MINOくんが何を考えているかな〜って全部わかります(笑)。だからステージの上でも僕達仲が良いと思います。

 

 

 

Q11. プライベートで、最近ハマっていることは?

 

YOON:時計を集めるのにハマっています。最近の趣味はただ時計を見ること(笑)。最近僕は時計の勉強を始めました。いろんな機械的な部分にハマっちゃって。時計を見ながら思うのは、僕達の姿と一緒だなと。僕たちもファンの皆さんがいないと前に進めないし、メンバーがいないと前に行けない、僕も存在しない。そんな姿が似ているなと思ってハマっちゃいました。

 

JINU:僕はテレビを見ながら1人でお酒を飲むこと。ストレスが発散されます。

 

HOONY:僕は最近テニスにハマっています。2回習いました。運動するためにするんですけど、早くコートに出てやりたいです。今2回目だからもっと。

 

MINO:宇宙の真理。なんですけど、レベルが合わないのでメンバーとは深くは話しません。とても難しそうにみなさんするので(笑

)。

 

 

 

Q12. デビュー5周年を迎えましたが、振り返ってみてどんな5年間でしたか?また、これからの未来図を教えてください。

 

YOON僕達5周年走ってきて、毎回話すんですけど、一生懸命本当にやってきました。僕自身そしてメンバーをとても誇りに思いますし、どうやってこんなに一生懸命やってきたのか不思議なくらい、そして拍手を送ってあげたいと思います。今みたいに頑張っていきたいと思います。

 

HOONY長く活動する先輩方がたくさんいるから、その先輩方のように僕達も長く音楽をやりたいと思いました。

 

YOON:ステージの上でも言った言葉がありますよね?

 

HOONY:1人で行けば早く行けるけど、一緒に行けば、遠く行けるんですよね。

 

YOON:一緒に行こうぜー!!!

 

会場:(笑)

 

 

 

 

Q13. 最後に、ファンの方達へのメッセージをお願いします

 

HOONY:今までで6番目のツアーなので、いろいろ僕達辛いこと、幸せなこと全部ありました。でも今が僕達の音楽人生のなかで初めてのように長く、みんな一緒に活動するので、僕達と一緒に60歳とか70歳とかまで、家族になって一生一緒だよ!(笑)皆さんもそうですよね?

 

MINO:一生一緒だよ。

 

 

 

 

 

JAPAN NEW MINI ALBUM『WE』

2019/8/7 RELEASE

 

 

WINNERが昨年10月3日に発表したアルバム「EVERYDAY」から約10ヶ月ぶりとなるNEW MINI ALBUM “WE”をリリース。アルバム名“WE”には個性を誇る4人のメンバーが「WINNER」というグループで1つになった時に発揮する相乗効果を表現。
サブタイトル「We or never」には「僕達じゃなければ絶対にやり遂げられない。僕達じゃなければ、意味がない」というメッセージが込められている。
リード曲「AH YEAH」は別れを題材にした歌詞の世界観でありながら、トラックは別れの悲しみをWINNERならではの清涼感溢れるエネルギーへと昇華させたリズミカルなギターリフ、中毒性の強いフックが耳をひきつけるWINNER流の夏のダンスチューンとなっている。MINI ALBUMにはこのリード曲「AH YEAH」をはじめ、MINO作曲の「ZOO」、YOON作曲の「MOLA」「BOOM」まで4曲の新曲日本語Ver.が収録される他、ボーナストラックとして昨年リリースした2nd ALのリード曲「EVERYDAY」の日本語リミックスVer.に加え、日本盤限定として 「MILLIONS」日本語Ver.も初収録される。DVDには「AH YEAH」「MILLIONS」の日本語Ver.のMUSIC VIDEOを初収録する他、MAKING FILMやPERFORMANCE VIDEOを収録。

 

 

[CD+DVD+スマプラムービー&ミュージック]
AVCY-58916/B
¥3,500 (税抜)
初回仕様:豪華仕様

初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

<CD_DISC>
01 AH YEAH
02 ZOO
03 MOLA
04 BOOM
# BONUS TRACK
05 EVERYDAY [REMIX]
06 FIRST LOVE (2019) -KR Ver.-
07 MILLIONS

<DVD_DISC>
■MUSIC VIDEO

・AH YEAH

・MILLIONS

■MAKING FILM

・AH YEAH -KR Ver.-

・MILLIONS -KR Ver.-

■PERFORMANCE VIDEO

・AH YEAH -KR Ver.-
・MILLIONS -KR Ver.-

 

 

[CD+スマプラミュージック]
AVCY-58917
¥2,400 (税抜)
初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

 

<CD_DISC>
01 AH YEAH
02 ZOO
03 MOLA
04 BOOM
# BONUS TRACK
05 EVERYDAY[REMIX]
06 FIRST LOVE (2019) -KR Ver.-
07 MILLIONS

 

 

 

 

『WE』リリース記念
【メンバー全員ハイタッチイベント】開催決定!

 

 

New Album『WE』対象商品ご予約購入で、先着参加。

 

【イベント内容】メンバー全員ハイタッチ

 

【実施日程・会場】
■2019年12月7日(土) 東京・竹芝ニューピアホール
■2019年12月8日(日) 名古屋・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
■2019年12月14日(土) 大阪・堂島リバーフォーラム
■2019年12月15日(日) 福岡・福岡タワー タワーホール1

 

【対象商品】
2019/8/7(水)発売
New Album『WE』4形態同時購入セット

CD only [YOON盤]
CD only [JINO盤]
CD only [MINO盤]
CD only [HOONY盤]

 

【先着販売期間・販売サイト】
先着販売期間:7月26日(金)18:00~8月1日(木)23:59
販売サイト:http://sp.mu-mo.net/shop/rr/winner_sp1908

【追加販売期間】
追加販売期間:8月6日(火)18:00~
販売サイト:http://sp.mu-mo.net/shop/rr/winner_sp1908

 

 

●ツアー情報
【WINNER JAPAN TOUR 2019】 *追加公演

*2019年7月3日(水) 中野サンプラザ 開場:18:00 / 開演:19:00
2019年7月15日(月) 大阪城ホール 開場:17:00 / 開演:18:00
2019年7月17日(水) 名古屋国際会議場 センチュリーホール 開場:18:00 / 開演:19:00
2019年7月28日(日) 幕張メッセ展示ホール9 開場:16:00 / 開演:17:00
*2019年8月10日(土) オリンパスホール八王子 開場:17:00 / 開演:18:00
*2019年8月31日(土) 静岡市民文化会館 大ホール 開場:17:00 / 開演:18:00
*2019年9月1日(日) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール 開場:17:00 / 開演:18:00
*2019年9月14日(土) ロームシアター京都 メインホール 開場:17:00 / 開演:18:00
2019年9月16日(月) マリンメッセ福岡 開場:13:00 / 開演:14:00

 

チケット料金
全席指定:¥10,000-(税込)
※年齢制限:3歳以上よりチケット必要。3歳未満は入場不可。
※出演メンバーは予告なく変更になる場合があります。予めご了承ください。
※1回のお申し込みにつき6枚まで

◆チケット一般発売日 発売中
『WINNER JAPAN TOUR 2019』

チケット購入はこちら

本公演  https://l-tike.com/winner19t-lawson/

追加公演 https://l-tike.com/st1/winner-ticket2t

※受付対象公演・席種は受付サイトにてご確認下さい。

 

 

●WINNERサブスプリクション/プレイリスト配信情報

”WINNER JAPAN TOUR 2019”予習プレイリスト

https://avex.lnk.to/WINNER_JAPAN_TOUR_2019

 

 

 

オフィシャルサイトはこちら

#韓国#韓流#レポート#レポ#REPORT#ボーイズグループ#記者会見#WINNER#WE#ユン#フニー#ミノ#ジヌ#アルバム#ニューアルバム
リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

ボーイズグループWINNER 8/7リリースのJAPAN NEW MINI ALBUM『WE』 記者会見の様子をレポ♡