9月8日(日)幕張メッセにて行われた「iKON JAPAN TOUR 2019」にGLITTER編集部が潜入! ペンライトで炎のように真っ赤に染まった会場の熱い様子をたっぷりレポート☆

 

WHAT’S  iKON

iKONはJAY(ジェイ)、SONG(ソン)、BOBBY(バビー)、DK(ディーケイ)、JU-NE(ジュネ)、,CHAN(チャン)による実力派ボーイズグループ。中毒性のある音楽とハイレベルなパフォーマンスが国内外で高く評価されているんです。

 

 

 

 

 

 

スタートから怒涛の全力パフォーマンス!

 

グループ結成の前身であるTEAM B時代の代表曲『SINOSIJAK REMIX』からスタートするとイントロから会場のボルテージは一気に最高潮に! 続く重低音が響く『BLING BLING』ではリズムにあわせて真っ赤なペンライトを降るiKONIC(iKONのファンの総称)たちの姿が印象的でした。

 

 

 

 

この公演最大の特徴であるツアー初、2人1組でユニットを組んで披露。BOBBY&DKは未発表曲であるHIPHOPナンバー『SUrF』をソロダンスとともに披露。続いてCHAN&SONGがグループ唯一のブルース曲『JERK』を哀愁たっぷり歌い上げると客席から自然と拍手が。最後はJAY&JU-NEがJ-POPをカバー。ふたりが織りなす甘い歌声に会場はうっとり♡

 

 

 

笑いとツッコミが絶えない仲睦まじいMCトーク

 

 

彼らの魅力のひとつがパフォーマンスとは打って変わって繰り広げられる爆笑MC。「芸人さんがいる…(笑)」と思ってしまうほどコントのようなテンポ感でMCタイムはあっという間に終了!

 

 

 

 

ライブ後半はBOBBYが会場全体に叫ぶ「PARTY PEOPLE〜! 」を合図にファンも躍りだす『DUMB & DUMBER』や『JUST ANOTHER BOY』など怒涛の全力パフォーマンス。最後の曲『WAIT FOR ME』では、階段に座りファンに語りかけるように歌い上げ感動的な雰囲気に包まれました。

 

 

 

終了後、鳴り止まない“アンコールの歌声”。

その声が届き「このままじゃ帰れない、終われないんだよ!」(JAY)とメンバーが再登場! ダブルアンコールでは、ステージの隅々まで行き、ファンひとりひとりと接する姿も。大熱狂のなか、公演は終了。笑顔でステージを見つめるファンの姿もあり、iKONとiKONICとの絆を感じる素敵なライブでした!

 

 

 

そして10月19日(土)からファンミーティングが開催中!

12月には「iKON YEAR END LIVE 2019」の開催も決定。

さらに「iKON JAPAN TOUR 2019」のLIVE DVD & Blu-rayが早くも12月4日(水)に発売決定。

今後のiKONの活動からますます目が離せません!

 

【iKON FAN MEETING 2019】

2019年10月19日(土)        広島・上野学園ホール

2019年10月22日(火・祝)大阪・堺市民芸術文化ホール(フェニーチェ堺)大ホール

2019年11月4日(月) 山梨・YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール)

2019年11月10日(日)北海道・千歳市民文化センター(北ガス文化ホール大ホール)

2019年11月30日(土)          宮城・仙台サンプラザ

2019年12月8日(日)           福岡・福岡市民会館

料金全席指定:¥7,700(税込)

 

【iKON YEAR END LIVE 2019】

2019年12月14日(土)  ・15日(日)  愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

2019年12月24日(火)・ 25日(水)    神奈川・横浜文化体育館

2019年12月30日(月) ・ 31日(火)    兵庫・神戸ワールド記念ホール

料金全席指定 ¥10,000-(税込)

 

詳しくはiKONオフィシャルサイトにてチェック。

 

#韓国#韓国アイドル#iKON#JAY#SONG#BOBBY#DK#JU-NE#CHAN#iKONIC#YG#コンサート#ライブ#ファンミーティング
リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

【ライブレポート】iKON 8度目のジャパンツアー幕張公演で全力パフォーマンス