本との出会いから絶対菜食主義を貫く!今度は自ら世に広める側へ。

 

 

Natalie Portman(ナタリー・ポートマン)

 

“同じ味がする2つのものがあるとして、1つは地球や他の生き物たちに害がなく、自分の健康にも良いものだとするでしょ。あなたはどちらを選ぶ?”

 

 

 

 

 

 

食生活を変えてお肌の調子は絶好調

 

 

「ベジタリアンの頃より肌がすごく綺麗になったと感じてるの。乳製品と卵を食べなくなってから肌荒れしなくなったわ」。

 

「基本的に食生活はとてもクリーン。朝食はだいたいオートミールかアボカドトースト。ビタミンDやサプリメントを摂ってるし、ヴィーガン食で唯一不足しがちなビタミンB12は、月1で注射してもらってるの!」。

 

 

 

 

 

わずか9歳の時からヴィーガンの予兆

 

 

自らの意思で肉を食べない、と決めベジタリアンになったのは、なんとわずか9歳!そして30歳の時にジョナサン・サフラン・フォア氏の本「Eating Animals」に出会い、ちょうど妊娠もきっかけとなって完璧なヴィーガンに移行したそう。

 

 

 

 

 

マルチなヴィーガニズム活動

 

 

フォア氏の書籍に感化されたナタリーは、“活動家でありたい”と強く思うようになり同名ノンフィクション映画化の制作、ナレーターを務めることに! ほかにも、動物の素材を使用しないブランドを立ち上げたり、啓蒙活動に励んだりとヴィーガニズムを実践。

 

 

 

 

 

Photography:AFLO,Getty Images,Instagram Text:Seira Maehara

#ヴィーガン#セレブ#VEGAN#ナタリー#ナタリーポートマン#NataliePortman#Natalie
リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

ヴィーガンセレブ特集!【ナタリー・ポートマン】