結成から4年、来年1月22日に満を持してCDデビューする大人気グループ、SixTONES。バラードやポップスはもちろんのこと、 HIPHOPやラップを取り入れたクールなパフォーマンスは従来のアイドルとはひと味違う。ただひたすら格好いいステージに相反して、アイドルなのにここまでやる?というほど破天荒な素顔にもハマる女子が続出。ビジュアル、パフォーマンス、個性的なキャラ、すべてが破格ともいえるこの6人の大型アイドルがGLITTER1月号の表紙に登場。「男の色気」をテーマに撮影した今回。撮影中は妖艶なライティングの下、 色気たっぷりの表情を見せてくれた彼らだけど、その後のインタビューは、YouTubeさながらスピーディなボケと突っ込みの応酬!爆笑インタビューの様子をあますことなくお届け!

 

 

━━━━男性のどこに色気を感じる?

いつもは少年のように無邪気な彼らが、

時折見せる真剣な眼差しにドキッ!

6人それぞれの、オトコらしい色気をピックアップ!

 

 

 

VOICE of Six

仕事から恋愛まで、

僕たちが今思うこと

【プライベート、それぞれの恋愛観】

 

━━1日のなかで「この時間を愛している」という時間は?

髙地:僕はお風呂入ってるときが至福の時間ですね。結構、長風呂なんです。アイス持って入ったりゆっくりお湯に浸かります。岩盤浴も好き。

京本:僕は、犬と触れ合ってるときが最高に癒されますね。

ジェシー:仕事が終わった後の帰り道。「ああ、1日終わったなぁ」ってホッとする時間が好き。

田中:夜更かしして、朝日が昇った瞬間。次の日休みだってとき、自分のやりたいことをやって、ふと気がつくと夜が明けてるって思ったときなんか幸せを感じます。

松村:毎日じゃなくて、たまにやるんですけど、自宅の湯舟に傘を差して作るホームサウナみたいなものがあって。それを使って自家製サウナしてるときですね!

森本: 僕は、ご飯食べている瞬間。

 

Attractive Body Parts by Jesse

「無防備な横顔」

メンバーいち賑やかなこの人が、ふとした瞬間に見せるシリアスな表情。「今、何を考えているの?」と問いかけたくなる揺れる眼差しに恋をする。

 

Attractive Body Parts by Taiga

「透き通った視線 」

いつも穏やかで、落ち着いた印象の彼がカメラのファインダーを射抜く視線に、芯の強さを感じずにはいられない。まっすぐ見つめられると、動けなくなる。

 

 

━━では恋愛について。女性のどういうところに惹かれますか? 仕草など。

 

田中:子供っぽい仕草かな。見た目は大人っぽいけど、ご飯をいっぱい食べるとか・・・・・・。お上品じゃなくて、無邪気にガブッとみたいな。

松村:あんまりガンガンくる人じゃなくて、ちょっと恥ずかしがり屋だったり遠慮がちな人。『大丈夫?』ってこっちが心配になるような。自分もそういうタイプなので・・・・・・。

京本:僕は包容力がある人に魅力を感じます。それから優しい人・・・・・・。子供できたら、子供を大事にしてくれる人がいいですね。

髙地:スポーツ頑張っている人。自分もスポーツが好きなので、一生懸命スポーツしてる人に魅力を感じます。

━━もし同じ人を好きになっちゃったら、どうしますか?

髙地・森本:譲ります。譲るというか、身を引く?

松村:好きじゃなくなっちゃうかなー。

ジェシー: 僕は特に何もアクションしない。自然にそのままで、どうなるか。

京本:親友と同じ人を好きになったとしたら? うーん、それはどれくらいその人のことが好きかによりますね!

 

Attractive Body Parts by Hokuto

 「男らしい広い肩幅」

身長の高さと頼りがいがある広い肩幅の男性って、無条件に惚れる。177cmの高身長から見下ろされて、がっしりした肩に手を回したい!

 

Attractive Body Parts by Yugo

 「筋張った手が多くを語る」

 男性の手に魅力を感じる女性は多い。意外と繊細だったり、不器用そうなゴツさだったり。ふとカラダに触れる手の表情に、色気を感じずにはいられない。

 

 

━━付き合いたい人と結婚したい人の違いは?

 

森本:ケンカができるかどうか、かなぁ。気を遣って言いたいこと言わない、とかはイヤだなあ。「あんたお金使い過ぎだよ!」とか、怒ってくれる人がいい

髙地:結婚するなら料理が上手な人。

━━では、そのご飯が美味しくなかったら、どうします?

髙地:俺は言っちゃうかな・・・・・・。

田中:俺はマズくても美味しいって言うな。( 全員で「優しい!」)

森本:俺は「コレ足したら美味しいよ」とかは言う!

髙地:え~もし自分が女性だったら、遠回しに言われる方がイヤじゃない?

京本:美味しいときは「美味しい」「また作って」とか言って、あんまりなときは、「作ってくれてありがとう」と。(全員で「これが模範解答!」)

ジェシー:でも腹減ってたら何でも美味しいですよ(笑)。最終的には、結婚は優しい人とがいい。あとは笑ってくれる人。

髙地:樹は飽き性だから、いろんな顔がある人がいいんじゃない?

田中:ひとりでいても大丈夫な人。ひとりでも大丈夫だけど、その人と一緒にいるともっと楽しい、っていう人がいいな。

松村:結婚したい人かぁ・・・・・・。わからないなぁ。わからないから面白いのかも。強いて言うなら自分と似てる人? なんか相手が「なんでそうするの?」とか、わからなくて無駄にケンカするのもイヤだから、何も言わずとも“フィーリングが合う”みたいな関係が理想。ふたりでいて気づいたら1日終わってる、みたいな日常が幸せだと思う!

京本:みんなが答えてる間に考えてはみたんですけど・・・・・。付き合ってる期間が長ければ長いほど普通はマンネリするけど、そうじゃなくて月日が流れていくほどに居心地がいいなって思える、そんな人がいいですね。

 

Attractive Body Parts by Shintaro

 「太い直線的な眉」

顔の印象を左右する直線的な太い眉は、男らしさの象徴。生まれつきパーフェクトな目元の力強さを持つ森本くんに、男性美を感じる女性は多い。

 

Attractive Body Parts by Juri

「隆々と浮き出る骨格」

骨イケメンならぬ、骨格の美しさが際立つ田中くんの鎖骨。Vラインの二ットから浮き出た首のラインから鎖骨が、最高にセクシー。

 

 

 

 

【SixTONES】ストーンズ伝説、始まる【前編】

 

リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

【SixTONES】ストーンズ伝説、始まる【後編】