渓谷の島として有名なマウイ島。そのなかでもカアナパリは一流ホテルが立ち並ぶリゾートエリア。洗練された大自然と、きめ細かなサービスのウェスティン・マウイ・リゾート&スパ, カアナパリでドキドキの楽園生活を送ってみない? すべてが美しく心地良くて、その空間にいるだけでうっとりしちゃう恋の予感大♥

 

 

 

 

ホテル自体に生命のいぶきを吹き込み

島と共に呼吸をしているネイチャーホテル

ウェスティン・マウイ・リゾート&スパ, カアナパリ

 

ラグジュアリーなホテルが多いカアナパリは美しい海はもちろん、広大なゴルフコースやレストラン、ショッピングモールなどの施設も備わった大リゾートエリア。ワンランク上のリゾート体験をしたいならウェスティン・マウイ・リゾート&スパ,カアナパリがオススメ。エントランスを抜けると迫力のある滝のふもとで、本物のフラミンゴたちが優雅に水浴びをしている光景に圧倒される。美しい景観を損なわないように開放感がある設計で、大自然と共にホテル自体も生きているのだと思わず錯覚をしてしまうほど。客室は28室のスイートルームを含む770室のゲストルーム。5つのプールと2つのスライダーが備わっており、サンセットを見ながら食事ができるレストランも完備。特に注目したいのがアクティビティの種類の豊富さ! 早朝ランやカヌー、シュノーケリング体験などゲストの探究心を喚起しホテルで遊び尽くせるプログラムになっている。せっかくの旅行をショッピングだけで終わらせるなんてもったいない。大自然こそが極上の贅沢である、そんな見失いがちな幸せをウェスティンホテルで改めて体感してほしい。

 

 

日本人には嬉しい大きなバスタブとハンドシャワーが設置されているバスルーム。広々とした空間で海を眺めながら1日の疲れを流し落とそう。もちろん、オーバーヘッドシャワーも完備しているので柔らかな水滴でリラックスするのも良し。

 

 

 

Sleep Well

旅先でも上質な眠りにこだわりたい

旅行では疲れた心を癒し、リセットするための睡眠はとても重要! ウェスティンホテル&リゾートではゲストに最も快適な眠りを提供するため1999年に独自開発したヘブンリーベッドを全室に設置。その名の通り雲の上の寝心地を約束してくれる。長いフライトの後でも肩こりや腰痛に悩まされることなく翌日からアクティブに動けるなんて感激★

 

ヘブンリーベッドはオンラインで購入も可能。1.7mmの7.5インチコイルを使用したしなやかな寝心地のマットレスと、6.5インチコイル使用でやや硬めのマットレス、好みの寝心地から選ぶことができるそう。詳しくは公式HPをチェック。

 

 

Editor’s VOICE!

 

暖色系の緩やかな照明で心も体もリラックス。枕もとには癒し効果のあるラベンダーのポプリとオイルが♥ こんな優しさいっぱいのサービスで凝った気持ちがとろけていく〜!

 

 

広々としたラナイ(バルコニー)は開放感があって気持ち良い! ウッドのカウンターテーブルで朝日を見ながらとる朝食は格別。

 

 

 

Move Well

たくさんのアクティビティが目白押し

部屋でのんびりとした時間を過ごすのもいいけれど、せっかくの大自然リゾートをアクティブに動きたい!って人のためにさまざまなプログラムを豊富に用意。カヌー体験やシュノーケリング、ビーチクリーン体験、豪華なサンセットクルーズなど……。どれにチャレンジしても魅力的で笑顔あふれる時間が過ごせるはず。ホテル内のツアーデスクに相談すれば楽しいプランをたくさん提案してくれるよ♪

 

ホテル内には5つのプールがあり、子供たちは2つのウォータースライダーのついたプールとジャグジー、水しぶきの出るプールで飽きることなし。大人たちは専用のアダルトプールで優雅に落ち着いた時間を過ごすことができる。

 

 

美しい砂浜をキープし続けるビーチクリーン活動に感激♥

ハワイではプライベートビーチが存在せず、すべてがパブリックビーチ。だからこそみんながキレイなビーチを維持できるようにビーチクリーンの活動にも力を入れている。砂をふるいにかけ、大きなゴミや漂流物を取り除く。そんな細かな思いやりが旅人の心を射止め、魅了してしまうのかもしれない。

 

 

マウイ島本来の自然を投影した

こだわりの設計で視覚から癒す

エントランスを見るとスラッと伸びた柱が連なっているのが目を引く。まったくの荒地だったマウイ島はたくさんのピリグラス(イネ科の植物)が覆い茂っていたんだとか。ここで生まれ育ったデザイナーのMa Ray Kimさんは大地からまっすぐ伸びたピリグラスを表現するため、太い柱を並べたデザインを起用。よく見るとリーフウォールも島に生息する数種類の植物で埋め尽くされている。本来の自然を壊さず、巧緻を極めた内装はまさにひとつのオアシスとなっている。

 

 

Activities

Editor’s VOICE!

 

朝日を見ながらのモーニングランは心も解放! 個人のペースに合わせて先導してくれるので体力に自信のない人もトライしてみて。

 

複数で漕ぐカヌーは知らない人とでも連帯感が生まれ、言葉の壁も忘れてしまうほど夢中になってしまう。

 

 空港からホテルまでサプライズのヘリ移動はいかが? マウイ島の渓谷を近い空から眺める最高の贅沢を一度でいいから体験してみて。

 

 

Eat Well

「食」を楽しみ大いに堪能する

旅行の醍醐味はおいしい食事をたくさん食べること。新鮮な地元の食材で趣向を凝らしたメニューに心が躍ること間違いなし。シェフのJennifer Evetushickさんは発想豊かな料理の達人としての名声を持ち、革命的な創作料理を作り続けている。新鮮なトロピカルフルーツや海で獲れたての魚介類はおいしいだけでなくたくさんのエネルギーを与えてくれる。

 

 

Nest(カバナ)でも本格的な料理がオーダーできる。バケットのSweetChickenは甘すぎず照り焼きのような味で親しみやすい。

 

 

新鮮で余計なものを一切入れないミックスジュース。ウェルカムドリンクとしても部屋に差し入れてくれました★

 

 

Time slip

ノスタルジックなLahaina Townで

1900年頃のハワイにタイムスリップ

こじんまりとしたショップが連なる港町ラハイナタウン。歴史的な建物の保存と復元に力を注ぎ、新しい建物と調和させながら独自の風情ある雰囲気を作り出した。海岸と平行に走るフロント・ストリートはまるで映画のセットのようで昔のハワイにタイムスリップした感覚になる。すべてが可愛くて散策しているだけで胸躍る〜♪

 

マウイに来る観光客が必ず訪れる街。軒並み続くショップやレストランはすべてのぞきたくなるぐらい内装が可愛い。歴史を感じる建物でどこか懐かしくてセンチメンタルな気分を味わえてしまう。ところが夜になると一転してパーティアニマルたちが集まるという、魅惑的な街!

 

 

 

受け継がれる伝統道しるべを築き続けるロコたち

街沿いから海岸に目を向けるとロックバランシングをよく見かける。アートとして作っているのか? 何か意味があるのか? それは昔のハワイアンたちが区分された境界線を示すためだとか、ハイカーたちが道に迷わないように道しるべとして積み上げたなど多くの逸話があり、どれが真実かはわかっていない。ただ、そうした行動で自然美を守る重要さを観光客に伝えるため、ロコたちが浜辺の石を丁寧に積み上げている。そして、観光客が足を止めて見入っているのだ。そんな光景がまさに異空間にいるようで、とても不思議な感覚に。

 

 

コーヒーショップONO CELATOに置いてるギフトコーナに売っていたオーガニック石鹸。側面半分にヘチマがついており、これ一つでカラダを洗えてしまう優れもの。

 

 

ワイキキにも店舗があるSAND PEOPLE はセレクトセンスが抜群で海をイメージしたキッチンアイテムやアクセサリーなどを豊富に取り揃えている。

 

 

INFO

ホテル自体に生命のいぶきを吹き込み

島と共に呼吸をしているネイチャーホテル

ウェスティン・マウイ・リゾート&スパ, カアナパリ

2365 Kaanapali Parkway,

Lahaina, Maui, Hawaii 96761 USA

+1 808-667-2525

HP:ウェスティン・マウイ・リゾート&スパ, カアナパリ

 

 

リンクをコピー
この記事を送る
Line
Twitter
facebook

Follow us!

GLITTERの最新情報を受け取る

ウェスティン・マウイ・リゾート&スパ「カアナパリ」で出会ったマウイ島の魅力